• AUDIO HOST :    汉生&乐乐
  • PUBLISHED :      04/03/2011
  • CATEGORY :      LifeStyle
TRANSLATION
Japanese translation
Title
怎么就那么“堵”?
Summary
城市越发展,交通就越繁忙,堵车几乎成了各大城市的通病。今天,我们来一起讨论到底是什么原因造成了堵车。
Content
堵车是一种城市病。随着城市发展壮大,这种病也越来越严重。堵车已经成为现代社会尤其是发展中国家的通病,严重影响了人们的工作效率、生活质量和社会发展。
那么,到底是什么原因造成了堵车呢?第一,城市规划不合理。有人认为这是拥堵的最大原因。比如北京,城市一层层向外扩张,很多人在城外住,在城内上班。早高峰时,人们都一起涌向市中心,晚高峰时,又同时往城外走、赶着回家。第二,道路设计不科学。有专家指出,北京设计环路时没考虑到这么大流量,出入口设计等方面有很多不合理,于是就容易出现堵车现象。第三,公共交通不尽如人意。比如公交车路线设计不够合理,老百姓常常要花大量时间在等车、倒车上,致使很多人不愿意选择公共交通出行。第四,私家车数量增加。据调查,目前路上行车有70%都是私家车,其中70%在早晚高峰期又只是一个人驾驶,这些车辆占用了50%的交通资源,但只运送了不到5%的出行者,这是对有限道路资源的浪费。有人预测,2020年中国汽车保有量将超过1亿。最后,“交通道德”的缺失。国内外统计资料表明,一个驾驶员每天行车中所遇到的危险在国外是100次,在国内是150次。其中,95%的危险情况是由违章造成的,比如加塞、随意换车道等,而一起交通事故就有可能会堵几个小时。所以,除了交通设施等因素外,驾驶者的素质也起着非常关键的作用。
为了解决城市拥堵问题,各地政府纷纷出台各种应对方案。北京在这方面也做出了很多努力和尝试,比如机动车尾号限行、改善公共交通等等,但目前来看收效甚微。北京市政府最新的一项举措是“限牌令”,从2010年12月23日起,车辆上牌以摇号的方式进行分配,并对申请人的资格做出了相应的限制。希望通过限制汽车上牌数量,控制机动车数量,以达到治堵的目的。但这一规定出台之后,引起了广泛的争论,招致了很多批评,并且其治堵效果也有待进一步考察。
从某种意义上,我们也可以说,“堵车”这一现象其实反映出人们的生活水平提高了,但与此同时,人们也希望生活会变得更美好、更舒心。我们期待着畅通无“堵”的那一天。
Average Rank: ★★★★★ by meijia    
Lesson Title:
なぜあのような渋滞が起こるのか?
Lesson Summary:
都市が発展すればするほど交通渋滞がひどくなります。どうやら渋滞は、どの大都市にも共通の問題となっているようです。今日は、いったい何が渋滞の原因になっているのかみんなで話し合ってみましょう。
Lesson Content:
渋滞は一種の都市病で、都市の成長に伴いこの種の病もどんどん深刻になります。渋滞はすでに現代社会、とりわけ発展途上国共通の問題となっており、人々の仕事の効率や生活のクオリティ、そして社会の発展に重大な影響を及ぼしているのです。

では、いったい何が渋滞を引き起こしているのでしょうか?

第一に、都市計画が不適切であるということ。これが渋滞の最大の原因であるという人もいます。北京を例に取れば、都市は外へ向かって広がっており、多くの人は郊外に住み都市で仕事をしています。朝の通勤ラッシュ時には人々がどっと市の中心に向けて流れ込み、夕方のラッシュ時には、皆がまた同じ時間帯に郊外に向けて、家へと急ぐのです。
第二に、道路設計が合理的でないということ。北京の環状道路を設計するとき、これほど多い交通量を考えに入れておらず、出入り口等の設計に不合理なものが多く、このことが渋滞を引き起こしやすくしていると専門家は指摘しています。
第三に、公共交通機関が人々の意にかなっていないということ。たとえば、バス路線のシステムがあまり合理的でないため、一般市民はいつも長時間バスを待ち、乗り換えをしなければなりません。その結果、多くの人が公共交通機関を使わなくなっているのです。
第四に、自家用車の増加です。調査によると、現在、道路を走る車の70%が自家用車で、そのうちの70%は朝夕のラッシュアワーに、一台に一人しか乗っていません。これらの車は道路の50%を占領していますが、実際に運んでいるのは出かけるべき人全体の5%に満たないのです。2020年、中国の自動用車保有台数は一億を越えると予測している人もいます。
最後に、「交通マナー」の欠如です。国内外の統計資料によると、ドライバーが運転中ヒヤッとした瞬間は、国外では一日に100回、国内では150回となっています。そのうちの95%は割り込み、急な路線変更など規則違反によるもので、ひとたび事故が起これば数時間の渋滞となりうるのです。ですから、交通施設等の要因以外にもドライバーのマナーが鍵を握っているといえます。

都市の渋滞問題を解決するため、各地の政府機関は次々に対策案を打ち出しています。これに関して北京でも、ナンバープレート末尾による運転制限や公共交通機関の改善など、多大な努力と試みを行ってきましたが、今のところ効果はあまりないようです。北京市政府が行った最新の措置は“限牌令”で、2010年12月23日より車のナンバープレートを抽選で発行するというもので、併せて申請人の資格にも制限を設けています。
これはナンバープレートの発行を制限することにより、車の量をコントロールし渋滞を緩和させようというものです。しかしこの政策を打ち出すと大きな論争を引き起こし、多くの批判をもたらしました。そしてこの解決策の効果も、調査の結果を見てからということになります。

ある意味、「渋滞」という現象は、人々の生活水準が高くなったことを反映しているともいえます。しかし同時に、人々はよりよい生活になるように、また気分良く過ごせることを願っているのです。私たちは「渋滞」のなくなる日を期待しています。
Translated by: meijia   At 4/4/2011 4:35:00 AM         
Copyright ® 2013 CSLPod.com. All Rights Reserved.   Privacy Policy
Language